大好きなおせちの豆知識!

おせちの意味

毎年お正月になると食べるのがおせち料理です。
子供のころはあまり好みではないメニューが並ぶということで楽しめなかったという人も少なくありません。
しかし年を取るごとにその意味を知ることができたり、おいしさに気付いたりと大人になってくるとお正月には食べたい定番となる人も多いです。

このおせちですが、食べるものにいろいろなゲン担ぎの意味が込められていることはよく知られています。
しかしおせち本来の意味を知らないという人も意外と多いです。

おせち料理は漢字で書くと御節料理となります。
もともと節句というのは一年の中で節目となる日のことであり、そのような日が一年には5つあり五節句と言われています。
五節句の習慣は今でも残っており、1月7日の七草がゆ、3月3日のひな祭り、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕、9月9日の長寿を祈る重陽がこれにあたるものです。

この五節句の中に元日は含まれていません。
節句の中でも特におめでたい日として別の扱いをされてきたのです。

昔は季節ごとの節句を神様に捧げる、お供えをするとしておりその際に用意される料理のこと全般をおせち料理といっていました。
しかし、時代の変化とともに節句の中でも特にめでたいお正月に食べるものだけがおせち料理として残っています。
おせち料理は傷みやすいものではなく日持ちするものが多く、これにはお正月くらい主婦がゆっくり休めるようにという意味も込められています。

なぜ重箱に詰めるのか

おせち料理といえば重箱に詰められているのが一般的であり、この重箱を開いて入っているものを見るのが楽しみです。
この重箱に詰めていることにもきちんとした意味があります。

おせち料理を重箱に詰めるのは「めでたいことが重なりますように」という意味が込められています。
ただし、これには諸説ありたくさん料理をする中で重箱を利用すればかさばることなく置くことができるということもりゆうであるとされており、常に主婦目線に立った考えが含まれているのです。

また、おせち料理というのは何日かに分けて食べていきます。
昔はサランラップのような全体を覆うためのものがありませんでした。
そこで重箱のようにふたのあるものを利用したほうが便利ということも理由としてあったようです。

重箱は五段のものや三段、二段といくつかの種類がありなすが正式には四段で重ねます。
ただし、四段目は本来四と書きますが縁起が悪いということで与という文字を使って与の重という表記をしましょう。
詰め方もしきたりがあり、一の重には祝い肴、二の重は口取り、三の重は焼き物、与の重は煮物というのがルールであり、その中に入れられるメニューや使われる食材にもきちんとしたいわれがあります。